SEO対策

モバイルファーストインデックス

2016年10月 Google社は、モバイルファーストインデックス(Mobile First Index)の導入を発表しました。

簡単に言えば、Webサイトの評価について、モバイル用サイトを主評価とし、PC用サイトより上位に位置づけると言うものです。スマートフォンユーザーからの検索数の増加による完全な時代の流れと言った方が良いかもしれません。ユーザーの利便性向上を最優先順位とするGoogleらしい施策であり、よってSEO対策もPC用サイトからモバイル用サイトを意識して行う必要があります。

コンテンツマーケティングへの変化

今までのGoogle発表からの推測で、知名度やアクセス数・被リンク数等の要素が検索順位に大きく影響すると考えられていました。しかし、中には不正(スパム)行為を行うサイトも多く、現在は 「ユーザーにとって有用・信頼できるオリジナル情報を提供するサイト」を高品質サイトとし、自然検索結果時に、より上位に表示されるようアルゴリズムを改良いたしました。

これにより、ホームページ制作時の企画や設計は今まで以上に重要になり、あわせて「SEO対策=コンテンツ対策」を中心に行うことが主流になっています。デザインのみでコンテンツを提案できないホームページ制作会社は厳しくなると言わざるを得ません。

ソラリオ × SEO

弊社は、Googleサービスの業務に携わり、Googleマーケティング即した提案を業務の真ん中においています。

A社:月間アクセス数10,000件!でも問合せは5件…。B社:月間アクセス数100件…。問合せは10件あります。

どちらのサイト運営が正しいかは、業種や目的にもよりますし微妙なところです。相対的に言えることは、

A社コンテンツの見直しが必要でしょう。

B社絶対的なアクセス数の確保が課題です。

運用というバランスシートの中に、SEOも存在する。それがソラリオの考え方です。

Googleアナリティクスや他分析ツールも活用した
P(計画)⇒D(実践)⇒C(分析)⇒A(改善)
の業務を繰り返し、SEO(検索エンジン最適化)のみならず、効果の上がるWeb活用を行います。