MEO対策

お店や施設の44%はマップ検索

スマートフォンの普及によりユーザーの検索アクションは大きく変化しています。お店・施設の情報の入口として、Googleマップからの検索が増えています。

理由は簡単です。
例えば、友達と時間を過ごし、これから食事にでも行こうかとなった場合、普通は今いる場所から近くのお店を探します。

例えば、美容院を変えたいなと思った時、その条件の中には、自宅や職場との距離も選択要素に含まれるのが普通です。

Googleマップアプリでは、スマートフォンのGPS機能により、今いる自分の場所からの検索(もしくは地域名を入れたローカル検索)が主流です。情報の中心に「住所」を置いた検索なのです。
ユーザーにとっては、情報収集からお店までのナビ機能が少ないアクション数で一元操作できるので、非常に利便性が高いツールなのです。

Googleマイビジネスの運営が大切に

Googleサーチエンジン・Googleマップエンジンに掲載される企業様情報(ナレッジパネル等)は、Googleの無料ツール「Googleマイビジネス」で管理できます。

2014年からスタートしたこのサービスの運営が、MEO対策にも影響を与えます。

ソラリオ × MEO

Googleストリートビュー認定代理店である弊社は、ストリートビュー撮影だけではなく、この「Googleマイビジネス」の企業様への普及を新潟県内の第一人者として行ってきました。
そして、企業様のこのマイビジネスの管理・運営もサービス化し、同時にMEO対策にも対応します。


[GoogleマップチームによるMEO対策です。]