BLOG ブログ

ホームページ営業に行って、再確認できたこと

サイト制作の件で、クライアント様のところへお伺いしてきました。

 

現在のデジタルマーケティングの話から、弊社ホームページ制作におけるスタンスまでお話ししたのち、本当にありがたいことに、まずは受注・ご依頼いただけることに。

 

面白いホームページを創りたい

「かっこいい」「オシャレ」なホームページを求めている方が多い中、オーナー様より「面白いホームページにしたいですね!」との言葉をもらいました。

まさに、我々がやりたいこと・創りたいものを一言で表すなら「面白い」なんです。

こちらが伝えたいことが伝わった気がして、最高にうれしい一言でした。

 

その「面白い」は、デザインだけのかっこいいやオシャレを追求するのではなく、やっぱり「コンテンツ」となります。

ユーザーさんの参考になるもの、強いて言えば、そのお店や企業の大切にしているものがしっかりと伝わるものを創りたい

かっこいい・オシャレのみで差別化を図るのではなく、そのお店の個性を表現したいなあと。

これがホームページ制作の差別化であり、提供する側のお店のクオリティを表すものなんだと思います。

 

雑談の中で、「こんなコンテンツ考えてたんです。このお店のここを出したいなあと思って。」とお話したら、

「実は、私も同じこと考えてました。ぜひ、それやりましょう!」

こんな打ち合わせがしてる時が一番楽しい時間です。

 

ちなみに、このクライアント様の業界は、イメージがとても重要な業界のひとつで、Webサイトはデザインのみに走り、スカスカのコンテンツを見かけることがあります。

オーナーさんの言葉、

「うちのお店は、かっこいいよりも、来てくださったお客様が喜んでいただくことの方が大事」

だから、このお店はリピーターが多いのだと改めて納得しました。

「でも、面白いコンテンツのみではなく、デザインで『質感(このお店のポテンシャル)』もしっかり出しますね!」とお約束して戻ってきました。

 

ホームページ制作とは?

企業やお店のホームページは、会社案内ではありません。パンフレットでもありません。

見るだけのものでもないし、読ますだけのものではない。

写真集でもなければ、単行本でもありません。

いつもは着ないドレスを見せても仕方ないし、部屋着でも夢がない。

 

ホームページはホームページです。

だからその企業のことを知らないと、ユーザーさんに伝わるものはできないのではと思います。

弊社は「作る」より「創る」企業でありたいです。

「クライアント様もユーザーさんも喜んでくれる『面白い』ものを創りたい!」

そんな再確認と新たなモチベーションをいただいたありがたい時間でした。

ブログトップに戻る