BLOG ブログ

Googleマップ機能

Googleマップ検索 | ホテル

楽天やじゃらん等の宿泊予約サイトは、ビジネスマンや観光客の必需サイトです。

私も出張の際には、必ず利用させてもらっていました。

 

実は、2年ほど前まで、GoogleがHotel Finderと言う宿泊サイトを運営していたことはご存知でしょうか?

日本国内で知っている&使っている人はほとんどいなかったでしょうが(笑)

今は、運営されておらず、Hotel Finderを覗いてみると、

「GoogleとGoogleマップで直接ホテルを検索して、ホテルのリストと料金、写真、レビュー、ストリートビュー パノラマを表示できるようになりました。」

と表示されます。

 

そうなんです。

今、Googleマップでホテルを検索すると、日付の指定から始まり、都市部の結果一覧リストには各ホテルの料金が、

さらに各ホテルのナレッジグラフを開くと、そのホテルの提携先予約サイトから予約までできるようになっています。

まさに、Hotel Finderの機能「リスト・料金・写真・レビュー・ストリートビューパノラマ」がGoogleマップの機能になってるんです。

私が以前見ていたHotel Finderが完全にGoogleマップの一部と化しています。

例えばユーザーは、今日泊まるホテルを、今自分がいる場所を中心にして、一目で金額も参考にして、圧倒的に少ないアクション数で選択することが可能になったということです。

仕事にしているといえども、本当にGoogleマップは便利な機能が付きすぎて恐ろしさすら感じます。

 

この流れの中で、ホテル側が検討しなければいけないことは、

①Googleマップ検索時の上位表示=MEO

②ナレッジグラフ情報の充実=ストリートビュー

③Googleマップへの広告=アドワーズ広告

になってくると思います。

 

Google機能が変われば、マーケティング手法も変わってくる。

ホテル業界でも、デジタルマーケティングの基本は、Googleへの対応に他ならないようです。

ブログトップに戻る